ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.29 13:50ゴー宣道場

6月5日は「炎上」覚悟の言論の自由を貫く!


来週、65日の「ゴー宣道場」は、オバマ大統領の広島訪問

から議論を始めようということになった。

 

この件のマスコミ報道や、知識人の反応、そして「感動した」

と口々に言い合う国民の反応にも、師範方は大きな違和感を

持ったようで、この話題から入ることにした。

 

やるからには「炎上」覚悟しなければならないぞと師範方に

確認を取ったので、当日は全員が遠慮会釈ない発言を、

ガンガンやることだろう。

 

当然、このオバマ広島訪問の一件も、「言論の自由」に大いに

関わる重大問題が内在されている。

そのことが見抜けるか?

ほとんどの日本国民は見抜けない!

そう断言する。

 

今の日本人は感度がどんどん鈍くなっていて、非常に危うい

局面に来ている。

わざと危機感を煽るのではなく、国民の感度の悪さが何を

もたらすのかも、言っておこうと思う。

 

65日の「ゴー宣道場」、来れない人はネットで見ておき

なさい。

この議論がそのまま7月の『民主主義という病い』を

テーマにした「ゴー宣道場」に繋がっていく。

そしてそれは、さらに8月の関西版「ゴー宣道場」にまで

繋がっていくだろう。

 

一般的なマスコミや、ネットや、言論誌では、語られない

話を「ゴー宣道場」で展開しよう!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ