ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.5.30 02:58新刊情報

『民主主義という病い』西田亮介氏を「泥」第1号認定!

絶賛発売中!
『民主主義という病い』
第19章「占領下教科書『民主主義』の洗脳」
で徹底批判している、東京工業大学准教授の
西田亮介氏が、ツイッターで
とてつもなくバカな反応を晒してました。




「小林よしのり氏の新刊に、イラスト付きで
ボロカス描かれてることを知った。
すでにいつぞやblogに書いた通りで、
小林氏の認識の大半は思い込み。
そもそも『民主主義』の記述と
帯の高橋源一郎氏の記述、
それからぼくの主張を混ぜて批判している。
確信犯なのな(ママ)どうかは
知りませんが。やれやれ。」

ね、バカでしょ!?

マトモに『民主主義という病い』を
読んでもいないのが、丸わかり!!

西田氏が復刻した
『民主主義』の教科書は、
GHQが占領政策の一環として
作らせた洗脳教育の材料だってことは
歴史的事実ですよ。
それのどこが「思い込み」?

そもそもこの人、
GHQ教科書『民主主義』と、
帯の高橋源一郎の記述と、
自分の主張は全く別だとでも言いたいの?

西田氏は、自分の主張と全く異なる
GHQ教科書を復刻して、
自分の主張と全く異なる高橋源一郎の
推薦文を帯に載せたわけ?

んなはずあるか!

そもそも西田クンは、自分が
GHQ教科書『民主主義』を
「最も真剣に、日本に民主主義を
定着させようとした時期に、
これだけの内容を教育の中で扱う
必要があったという、
その事実は重たい」
と称えたのを忘れたのかな?

しかし、何万回見てきたことでしょうね~~、
チンケな知識人がよしりん先生に批判されて、
何の反論もできてないのに
勝手に自分を高みに置いて、
「やれやれ」なんて冷笑して見せて
チンケなチンケなプライドを
保とうとしているみっともない様子!!

西田亮介氏を、
『民主主義という病い』を
読んだ人と読まない人では、
知的レベルが雲泥の差になる見本の
「泥」第1号に認定します!!
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ