ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.5.30 03:14日々の出来事

時代は「公」の縮小に向かっているのか?


理作氏が「ゴー宣道場」のブログを見てくれていて良かった。

たまには書いてくれた方が、忙しいんだということが分かる

から安心する。

そして映画製作によっぽど情熱が芽生えたということも、

理解できる。

長文を書くと時間がかかるだろう。

短い文章でもいいから、現状、何してるかだけでも、

たまに書いてくれ。

 

昨日は、理作氏は欠席だったが、「ゴー宣道場」の師範方で

集まったのが久しぶりのような気がして、ワイン飲み過ぎて

陽気になってしまった。

給仕が全員イタリア人の女性だったから、陽気も許されると

思ったのだが、意外に物静かなイタリア人だったな。

料理は美味かった。

 

しかし、言論の自由、潔癖社会をテーマにしたら、近年ない

ほど応募者が少なかった。

前回の堀辺師範の追悼より少なかった。

どうやら人々は「言論の自由」に対して切実な興味を持って

いないようだ。

 

中国や北朝鮮に比べたら「言論の自由」はあるから大丈夫、

というくらいにしか感じないのかもしれない。

ネット社会ゆえの「言論の自由」の乱用で、不謹慎狩りや、

芸能人バッシングなど、他人に潔癖を強いる圧力が強く

なっている時代背景にも、興味がないらしい。

 

社会のすべての問題点が、いちどきにわっと熱く生起して、

一瞬で冷えて過去のものになっていく。

恐ろしいほどのニヒリズムだが、それを恐ろしいと感じる

感性まで消滅しているのだろうか?

 

わしはある意味、今、理作氏が自分の映画製作に情熱を

掻き立てられる気持ちが分かる。

「公論」よりも「私の趣味」の方が楽しくなっているの

かもしれない。

これは理作氏を批判しているのではなくて、日本人の感覚が

「私ごと」に収縮し始めているのかもしれない。

実際、わしも完全なフィクションである『おぼっちゃまくん』

を描いてると、楽しい。ストレスが溜まらない。

 

人々は、政治状況に、閉塞感を覚え、ニヒリズムに浸り、

フィクションに逃避したくなっているのではないだろうか?

わしがテレビドラマを以前よりずいぶん多く見るようになった

のも、そういう心情がわし自身の中にも生まれているからかも

しれない。

 

政治の時代は終わったのだろうか?

朝日新聞や、左翼方面が、今度勝たせたら憲法改正になるぞと、

いくら焦っても、安倍政権はもうどうしたって安泰なのだろう。

だからもう天下国家も社会問題も考えたってしょうがないの

だろうか?

 

それでも考えたいと思う人々が、「ゴー宣道場」に参加の

申し込みをしてくれている。

まずはその人たちと一緒にやっていこう。

我々の考えをとことん聞いてもらって、参加者がどう考える

かも、聞いてみよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ