ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.6.1 04:06

消費増税「2年半」延期のセコさ

安倍首相は、消費税の10%への引き上げを、来年4月から更に
2年半」再延期する。

これで消費税の引き上げは平成31年の10月からとなる。

そもそも、8%への引き上げ自体が失敗だったのは、
今や周知の事実。

だから、延期そのものに反対する声は、小さいだろう。

だが、「再び延期することはない」と断言した安倍首相の
言葉の“軽さ”が、又ぞろ露呈した格好だ。

リーマン・
ショックや東日本大震災級の事態発生を条件としていた
点も、「
本音では…そんな表面的な言葉や定義に拘泥する考えは
なかった」
(産経新聞5月31日付)という。

改めて、安倍首相の「表面的」な言葉は、全てそれとは違う「本音」
が隠されている、
ということが明瞭になった。

だが、延期幅が何故「2年半」なのか。

確たる「経済的」な見通しがあるはずもない。

一方、「政治的」な魂胆はどうか。

まず、安倍首相の自民党総裁の任期が今の(2期6年迄という)
党則では平成30年迄。

よって、政権へのダメージになる消費増税は、次の首相に押し付ける
ことが出来る。

それが嫌なら、党則を改正して3期9年に延長するしかない。

そうなると、安倍首相は“現役のまま”東京オリンピックを
える可能性が出てくる。

又、31年7月には次回の参院選が予定されている。

増税のタイミングは選挙“後”でなければならない。

そこで延期幅が2年ではなく、2年「半」になった。

何とも巧妙でセコい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ