ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.4 00:59ゴー宣道場

明日の「ゴー宣道場」について


切通理作氏が『民主主義という病い』の感想を書いてくれてる

のにすごく驚いた。しかも的確に把握してくれている。

本当は明日の「ゴー宣道場」で、オバマ広島訪問について、

「ゴジラ」に詳しい理作氏から感想を聞きたかった。

 

明日の「ゴー宣道場」では「言論の自由」について、あらゆる

角度から検討を加えたいと思っているが、当然、民主主義の

問題にも大いに関連してくるはずだ。

 

テレビ報道における「言論の自由」の問題は、一般人には

どうやらあまり関心がないらしい。

そもそもネットでニュースを知ればいいという時代だから、

テレビの報道番組にどれだけの人が影響を受けているかも

分からない。

ネットの情報ではなく、新聞が主な情報源の人だっている

わけで、高森家にはテレビがないのだから、テレビ報道に

過剰に反応してもしょうがないとも言える。

 

だがテレビ報道に過剰反応をしている人がいるわけで、

Hanada」の田原・小川対談で、小川は例えば「安保法制」

の扱い方も「時間を公平に半分づつにしろ」とか、「賛成派の

発言者も出せ」とか、そういう単純なことを要求しているのだ。

これには本当に呆れたね。

言ってることは、テレビ報道は「判断材料だけでいい」、

「賛成反対の時間を半分づつ」、そんな幼児みたいなことを

言っているのだ。

ようするに安倍ちゃんをイジメる報道ばかりするなとしか

言ってないのが明白だ。

 

民進党・共産党の連立政権になったとき、テレビが猛烈に

権力批判をしたら、小川は同じ理屈で全面広告を出して運動

するだろうか?

するわきゃねーだろうが!

 

こんな単純な人物が「文芸評論家」を名乗っているのも

笑えるが、それに肩入れしてる編集長も滑稽で、自称保守

全体が劣化している証明に他ならない。

「公平」とは「賛成反対の時間が半分づつであること」、

なんてよく言うな。

文学から限りなく遠い感性をしている。

 

こんな低次元の議論に惑わされないように、「ゴー宣道場」

では「言論の自由」を重層的に議論していかねばならない。

そこにユーモアは絶対必要である。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ