ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.8 04:09日々の出来事

「承認願望」は民主主義の病い


日本だけなのか、世界中なのか、人々の「承認願望」がどんどん

強くなってる気がする。

フェイスブックやツイッターその他SNSの発達で、「私を見て!

私を承認して!私は凄いでしょ!私は特別でしょ!」という

「承認願望」は膨張する一方で、ついには増上慢が噴き上がって、

「俺さまはえらいだろう!」という手が付けられない輩が跋扈

するようになった。

家族や共同体の崩壊が進む中で、今後もこの傾向は肥大していく

ことだろう。

 

わしのような創作物を売って商売している者は「承認願望」が

必要な人種である。

なるべく多くの人々から承認されなければ食っていけない身分だ。

承認されたいのが先か、食い扶持の確保が先かと言えば、わしの

場合はどちらでもなくて、創作意欲が第一である。

「こんなことは人が考えたことがないのではないか?こんな物語

を生み出したい。こんなキャラやこんな場面を絵にしてみたい」

という欲望がまず第一に湧いて出て来る。

 

漫画をカットとして描き始めたのは幼稚園の頃からで、ストーリー

を描き始めたのは小学生になってからである。

最初の読者は妹だけで、次に近所の子となり、さらにクラスメート

となっていく。

高校生でプロを意識して、大学生では漫画愛好会などには入らず、

雑誌に投稿するようになった。

 

創作者は個人的な創作意欲を、いっそ商売にすることで生活を成り

立たせることができれば・・と思うから「承認願望」が必要になる。

わしの場合は「承認願望」=「商売」なのだ。

「承認願望」を捨てたら、作品は描くだけで満足して、自分の机の

中にしまっておくだけになる。

創作したものを「見てほしい」という意欲が第二に出て来るから

「承認願望」に繋がる。

 

最近の人々がSNSで「承認願望」を充たすのと、作家の場合は

全然違う。一般人の「承認願望」はいくらか病気の傾向がある。

例えば秘書みなぼんは、それらSNSで何かを発信することは

全然ない。

みなぼんの「承認願望」は仕事を通じて、わしに認められること

くらいだろう。

よしりん企画のスタッフたちも、仕事を通じてわしに承認され

ればいいだけで、SNSで他人に繋がる意欲はないようだ。

 

昔は誰もが家族・友人・職場くらいから承認されれば、それで

充足していた。

だが、SNSが登場して、人々の「承認願望」は爆発的に肥大した。

「私を見て!」「俺さまを見よ!」の大合唱となった。

まさに「民主」の「主義者」である。

 

人を見るときに、この人物は「承認願望」が肥大した者か否かで

判断するのは大切である。

わしは言論人・知識人まで、そのように見ている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ