ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.6.8 12:46新刊情報

キャラクターから歴史を知る!『民主主義という病い』

『民主主義という病い』
愛読者カードの感想ご紹介です!


フランスの歴史から
民主主義の成り立ちを追っていき
読者に考えさせる切り口は
さすがよしりん先生です。

SPECIAL本は毎回勉強になります。
それは登場人物に生命を
与えているからではないでしょうか。
例えばルイ16世、マリー・アントワネットが
何故、どのようにギロチンに
かけられてしまったのか、
など彼・彼女らのキャラクターが
イメージしやすいよう描かれています。


奥さまがここまで登場される作品は
初めてだと思いますが、
よしりん先生、みなぼんさんが
より身近に感じられ、又いきいきされる
役割を果たしているなと思いました。
作品の完成度、成熟度は別格でした。
まさにフレンチ!!

(北海道・40歳男性・会社員)

歴史を理解するためには、
その時代を生きた人に感情移入
することは欠かせません!
その点で、歴史上の人物を
生き生きとイメージさせるという
まさに漫画ならではの手法が
最も効果的と言えましょう!

といっても、そこいらの学習漫画、
絵解き漫画で、それに成功しているものは
めったにないのですが。

娯楽として読めて教養がついて、
日々のニュースを見る目も変わってくる
充実の書! それが
『民主主義という病い』です!!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ