ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.17 03:27政治

辻元清美氏『デマとデモクラシー』


辻元清美氏『デマとデモクラシー』という本を読んでいる。

この中のわしとの対談が刺激的で、評判になっているらしい。
護憲派VS改憲派の真っ向勝負であり、9条派VS自主防衛派
の対決がここまでスリリングになされたのは珍しい。

 『デマとデモクラシー』

本の主旨としては、辻元氏に対する「デマ」の真相を
明らかに
することが一つの重要なテーマになっている。
わしはあまりネットを見ないから知らなかったが、実際、
辻元氏に対する「デマ」の数々には驚く。
特に右派方面からだろうが、辻元氏に対しては、「デマ」を
流して当然だと考えている節があって、その「デマ」を
信じて
しまう者も後を絶たないようだ。

わしは辻元氏に、放っておいたらよくない、「デマ」は明確に
否定するべきだと忠告したのだが、この本でそれを実行して
いるので、どこかで辻元氏のよからぬ噂を耳にしたことが
ある
人は、読んでみてほしい。

辻元氏に対する「デマ」記事を書いた産経新聞の
阿比留記者は、
辻元氏に名誉棄損で訴えられて、
完全に敗北している。

ただし、この本の中で、民主主義を理想化し、シールズに
傾倒
している辻元氏は、相変わらず幼稚だと思う。
わしが描いた『民主主義という病い』を、この幼児性で
読める
かどうか分からないが、一応、送っておいた。

辻元氏は知らないだろうが、この『デマとデモクラシー』
という
タイトルは非常に暗示的で、デマはデモクラシーから
出現する
のである。

「デマ」はデマゴギーの略語であり、
デモス(民衆)をアゴコス(指導)することである。
つまり民衆を扇動することだ。

『民主主義という病い』でも描いたが、古代ギリシャの
アテナイ
では、民衆を扇動する政治家が次々あらわれて、
民主主義が
衆愚政治に堕してしまった。
現代でも民衆を間違った理念や情報で「扇動」する
政治家が
次々に現れ、あるいは国民が主権を持っている
ことになって
いるので、一般国民が政治家や民衆を
「デマ」で扇動しよう
とする。

辻元清美が苦しめられている「デマ」は、実は民主主義が
内包する問題なのである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ