ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.20 03:52政治

集団リンチをまだ続けたかった愚民主主義


全く驚くが、舛添都知事が辞職するということで、まだテレビが

バッシングをやっている。

疑惑の説明が行われぬまま、退任セレモニーもなしで、

黙ったまま去っていくのかと、水に落ちた犬を叩き続けている。

 

舛添リンチは今やテレビのキラーコンテンツで、視聴率が必ず

取れるから、最後の最後までいたぶって悪罵を投げつけたいのだ。

街の声を拾うと馬鹿なおばさんが「逃げられたという感じ」とか

言っている。

 

舛添が一言も語らず去っていく気持ちはよくわかる。

何を言っても揚げ足取られるだけで、火に油を注ぐ結果にしか

ならないからだ。

それでも「黙って去っていくとは何事か」とコメンテーターは

言っている。「男の器が小さい」などと罵っている。

 

残酷非道の民主主義は一体何を望んでいるのか?

おそらく舛添が素っ裸で泣きながら街の中を這いずり回る姿が

見たいのだろう。

それでも嘲笑って文句を言うのが愚民どもの残酷性だ。

 

『民主主義という病い』で描いた通り、フランス革命当時の

民衆の娯楽はギロチンによる処刑だった。

日本人の中にも、上に立つ者をスキあらば引きずり下ろして、

リンチにかけたい、処刑台に上げて、首が斬られる姿を見たい

という心理が大いにあるのだ。

 

湯河原のかつての舛添の別荘は、今、観光地になって、写メを

撮る馬鹿が後を絶たない。

今、舛添はどこに住んでいるのか、家族を連れてどこに隠れて

いるのか、どんな惨めな姿になっているのか、マスコミは今後も

追い続けるだろう。

法を犯したわけでもないのに、まるで殺人犯のように扱われる

舛添とその家族は実に気の毒だ。

 

そして、自らの愚かさに全く気付くことなく、民衆は新しい

都知事候補をあれやこれやと面白がりながら、予想している。

大阪で過激な改革路線を取って、市民を分断させた橋下徹か?

かつては少女を買春した東国原か?

あるいは嵐の櫻井くんか?そのパパか?

50億円もかけて、再びの人気投票とは、どこまで馬鹿な愚民

どもだ?

これが主権者の実態であり、これが民主主義の醜悪さである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ