ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.6.25 03:44政治

EU離脱を全マスコミが批判している愚


予感してはいたが、朝日新聞から、産経新聞から、東京新聞まで、

全マスコミが、イギリスのEU離脱に驚き、失望し、危惧を覚え、

批判している。

 

ナショナリズムの台頭はいけないことだと主張している。

「一国平和主義」とか「孤立主義」とか「排外主義」とか

「トランプと一緒」とか「ルペンと一緒」とか言っている。

 

ものすごい紋切り型の思考で、今回イギリスで行われた

究極の民主主義「国民投票」で、100万票もの差をつけて

勝利した「離脱派」を批判している。

 

普段は民主主義を絶対の価値としているくせに、都合の悪い

結果が出ると「ポピュリズム」と言い出す。

EUという理念そのものが、知識人の空想平和主義の産物で、

設計主義的なイデオロギーだった可能性を考えようともしない。

 

EUが崩壊に向かうなら、TPPだって大いに危ういのだが、

朝日新聞から産経新聞まで賛成だから、不安になるのだろう。

 

だが、「自由貿易」による「カネ儲け」にしか興味のない連中は、

国柄を重視する国民主義としての「ナショナリズム」を否定して、

カネ儲けのための「グローバリズム」を推進したがる。

 

朝日新聞ら左翼は、市場絶対主義がジョンレノンの「イマジン」

のような、国境のない単一世界を実現し、「人類みな兄弟」と

なって、戦争を防止できると考えている。

一方、産経新聞も市場絶対主義で単一色の世界になった方が、

カネ儲けに都合がいいと考える。

 

ようするに「経済第一」「国柄第二」なのは、朝日も産経も同じ。

これが、わしが「全マスコミが左翼」と認定する根拠である。

だれも「国柄を守るナショナリズム」を肯定していないのだ。

 

彼らはナショナリズムに「右翼」というレッテルを貼って、

トランプやルペンと共に「右翼括り」で一蹴しようとする。

だがこの先、トランプが大統領になったら、彼らはアメリカを

「右翼国家」と非難し、ルペンの政権が成立したらフランスを

「右翼国家」と詰るのだろうか?

 

ナショナリズムに「右翼」のレッテル貼りをする短絡性を、

考え直した方がいい時期ではないか。

「右翼」とは、フランス革命後の国民議会で、王位を守る側の

席が議長から見て右側だったというだけの語源に過ぎない。

もう少し、教養を前提にした議論をしてみたらどうだ?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ