ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.6.26 10:59政治・経済

キレイゴト抜きで英国EU離脱を考える。

イギリスのEU離脱に関連して、
ライジング読者のコメントを
ご紹介します!



しかし、貧しい移民を養うというのを
諸手を挙げて肯定する人は、
どうせ他人ごとだからと考えているんでしょうね。
人類の理想がどうとか言うのなら、
その辺の貧しい人に毎月20万くらい
くれてやったら如何でしょうか。

そういうことなんですけどね。
日本人同士で支え合うだけでも
物凄いコストがかかっているのに、
よその国の人の面倒まで見切れません。
見ろと言うのなら、まず身銭を切ってからに
して頂きたい。冷たいようですが、
なんでもかんでも救えるほど人は強くないし、
慈悲深くもないでしょう。
力がない人が理想に走ると、
他人にしがみつかれたときに
自分まで溺れてしまう。
そして最後にはその他人を
突飛ばしてでも生き残ろうとする。
さもなくば、一緒に溺れて沈んでしまう。
それが今のEUの惨状なのです。

英国人は、ようやくそのことに
気が付いたのかもしれません。
理想に溺れて溺死するよりは、
現実の落としどころを探るほうに
希望を見出した。
今は非難されても、意外と将来
欧州の混乱に終止符を打つのは
英国の役割になるかもしれません。
ドイツでなく。

自国がまず、理想にも現実にも
溺れないように強くなる。
その上で余力があったら
人助けでも何でもすればいい。
我が国も他人事ではありませんね。

(shiroさん)



偽善者って、何でもかんでも
キレイゴトだけ言えて
それで、どんな結果になろうと
絶対に責任は取らないんだから、
いいご身分ですねーと
思ってしまいます。

本当に世の中を救えるのは、
世論の非難を浴びて「悪人」に
なる覚悟をした人だけなのでは
ないでしょうか。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ