ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.1 03:41新刊情報

知の富裕層になれる『民主主義という病い』は装丁も魅力!

『民主主義という病い』
読者カードの
感想ご紹介です!


「民主主義ってそんなにいいものなのか」
「古代ギリシャで既に実行されて
失敗してるのに
何故また
採用されたのだろう」と
疑問を感じていましたが、
本書を読んでたちまち氷解しました。
よしりん先生が一気に教養が身についた
知の富裕層になれると豪語したのも
うなずけます。

美味礼賛の食欲と快楽むき出しの
描写から料理がいかに美味か
伝わってきました。

カバーや表紙、見返しが
フランスにちなんだ装丁になっていて
その細かい凝り様にうなりました。
(東京都・38歳男性・会社員)

鈴木成一デザイン室さんの
ブックデザインは今回も秀逸!
やっぱり装丁を楽しむというのは
紙の本にしかない魅力ですねぇ。

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ