ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.1 13:53経済

道半ば、はるかかなた、道途絶


東京新聞に載ってたが、ファミレスの売り上げが3年ぶり

に減速したそうだ。

驚いたのはファミレスで食べることが庶民の「プチぜいたく」

だったと書いてあることだ。

そうなのか、ファミレスが「プチぜいたく」だったのか!

だが、今や実質賃金が5年連続で下がり続けているから、

そのファミレスに行くことすら自粛してるらしい。

 

なんと東武線の某所に200円のカレー店があるらしく、

平日に500食、休日に800食も売れるという。

吉野家は330円の豚丼を開始したそうで、客の2割はそれを

注文するそうだ。

 

アベノミクスで景気回復は「道半ば」と言ってるが、

何年経っても「道半ば」、デフレ脱却「はるかかなた」、

リフレ派敗北「道途絶」という有り様になってきた。

 

今年の正月には「朝ナマ」もアベノミクス大期待の意見続出、

新聞各紙もいよいよアベノミクスの果実が実るぞ、それいけ

TPP、グローバリズムと楽観論のみの社説のオンパレード

だった。

わしは正月早々むかついて、バカバカしいことを言うなと

ブログで批判していたが、あっという間にわしの正しさが

証明されてしまった。

この件は今年いっぱい何度も何度もねちねち言い続けなけ

ればならない。

すぐ自分の言ったことを忘れる馬鹿知識人ばっかりだからな。

 

そもそもグローバリズムの中で、株価と庶民の暮らしは全然

関係がない。

円安も庶民の暮らしはきつくなるだけで、むしろ今後は円高

になるから、庶民の暮らしには少しばかりの恩恵があるだろう。

 

安倍政権はGPIFの年金資金の半分を株にぶち込ませて

博打を打っていたために、最近の株安の影響で、5兆数千億円

もの損失を出したという。

消えた年金は増えるばかりで将来不安が増すから、この先も

個人消費は冷え込むばかりだろう。

 

ニュースでやってたが介護老人が現在500万人もいるらしく、

2週間に一件、介護殺人が起こっているというのだから

無茶苦茶だ。

妻が夫を殺し、夫が妻を殺し、子供が親を殺す、それが普通

の状態になってきた。もっともっと増えるだろう。

 

中国の侵略を恐れるか、さらなる国内の貧困化を恐れるか、

国軍の創設が重要か、社会保障の充実が重要か、それは諸君

らが決めるのだ。

わしは富裕層だから、生活が逼迫してないので、国家防衛

のために国軍の創設を選ぶが、賃金が少ない庶民は、

特に貧困層は、生活防衛のために社会保障の充実を選ぶのも

よかろう。

自分の頭で考えて選ぶのだぞ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ