ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.7.5 13:30

「新しい歴史教科書をつくる会」理事に復帰

以前、さる事情から「新しい歴史教科書をつくる会」の理事を
辞任した。

別に喧嘩をした訳ではない。

その後も、一会員としてお手伝い出来ることは、僅かながらしてきた
つもりだ。

ところがこの程、再び理事に戻るよう熱心なお誘いを受けた。

微力で余りお役に立てることはない。

むしろ私が理事に加わる事で様々なマイナス要因も考えられる。

だから、本気で固辞したのだが、かねて尊敬申し上げ、また長年、
ご配慮戴いている方々のお誘いを、頑固に断る訳にはいかなかった。

振り返ってみると、初代の西尾幹二会長時代には事務局長、八木秀次・
杉原誠四郎会長時代には副会長として、皆さんの足を引っ張りながら
悪戦苦闘して来た思い出がある。

取り分け、早く亡くなられた坂本多加雄先生の面影が、
わが心中から
常に去らない。

最初に検定申請した教科書の草稿を、先生と手分けをして書いた時、
編集会議で無知な素人に、
苦心して書き上げた原稿をズタズタにされた
事がある。

専門家としてかなりプライドを傷つけられたに違いない。

それでも先生は、ひたすら教科書の完成度を高める為に終始、
誠実に対応された。

後で2人だけになって、「先生、よくご辛抱下さいました」
と声をかけると、穏やかに「大義だよ」とお答えになった。

大義”という些か時代がかった語が、あの時ほど自然な
日常の言葉として耳に響いた事はない。

坂本先生の志をどれだけ受け継げるか、自信はない。

だが、暫くつくる会の理事として、何かしら貢献できればと
考えている。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ