ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.7 05:06日々の出来事

人を驚かすために今を地味に描く


単行本『おぼっちゃまくん』のコンテを描いている。

一コマ、一コマ、絵を入れていく地味な作業だ。

今日中に終わるだろうか?分からん。

 

『ゴー宣』ファンは『おぼっちゃまくん』を知らない

だろうし、真面目な人が多いから、関心ないだろうけど、

テレビ視聴率18%ということを考えれば、『ゴー宣』

ファンよりはるかに多い『おぼっちゃまくん』ファンが

いるのじゃけん、わしはこれを描くんじゃい!

 

最近はギャグ漫画がさっぱり面白くなくて、お笑い芸人に

負けていると思う。

漫画界からも、ギャグをぶちかましたいのだ。

 

今年いっぱいは『大東亜論』と『おぼっちゃまくん』を

描くので、フィクションのみという状態だ。

次号の『大東亜論』なんか、2p『ゴー宣』のページも

取れなかった。

クライマックスに持っていくために、2pだって惜しい。

 

その分、政治や思想の分野は、『小林よしのりライジング』

や「ゴー宣道場」で表現していくしかない。

 

来年はまた『ゴーマニズム宣言Special』を6月に出す。

そのテーマも決まっているし、章立ても出来ている。

 

人を驚かすには、今の地味地味を続けるしかない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ