ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.15 01:30新刊情報

共同体意識の中心に神社、国民意識の中心に天皇。

『民主主義という病い』
読者カードの感想を
ご紹介します!



民主主義の基盤・ナショナリズム・国民の
連帯意識は共同体の中心に神社があり、
そこでの祭りによって起こることが
指摘してあった。p251
確かに私の部落でも11月には祭りがある。
(10mぐらいの長さの旗を掲げる、
 皆で火を焚いて囲み、
 車座で夜通しお酒を飲む、
 神主さんに来てもらいお供えをする、
 皆でごちそうを食べる)
村の長は1年交代の順番制で
優秀な人がなるわけではなく、
国家の重大事を伝えるなどは
特にありませんが。
けれども神社の清掃や草刈り、地域行事を
通じて村の連帯意識・帰属意識を
持つようになり、このことが国民として
自覚を持つことにつながるのだと思う。
自分が部落でやっていることの意味を
気づくことができた。
(福岡県・38歳男性・農業)

まや村の連帯意識・帰属意識を
生活の中で実感できるということは、
非常に貴重だといえるでしょう。

共同体意識の中心に神社がある。
それと同じく、
日本人の国民意識の中心に天皇がいる
ということを、
天皇陛下の生前退位ご意向報道
以降の人々の反応を見て、
改めて、強く自覚しています。

この事態の推移も
慎重に注視していきたいと思います。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ