ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.15 03:30日々の出来事

「生前退位」の速報以来の混乱


天皇陛下の「生前退位」のニュース以来、わしの周辺は

混乱している。

わし自身もこの件で仕事が入り、スケジュールが狂う

忙しさになっている。

 

「生前退位」の速報の日は「ゴー宣道場」のサイトに

アクセスが殺到して全然繫がらなくなってしまった。

「これをどう考えればいいのか?」あるいは

「小林や高森がどんな意見表明をするのか?」という

関心でアクセス過多になってしまう。

わしがようやく隙を見つけてブログを上げると、

また殺到して、高森氏がブログを上げられなくなるという

状態だった。

サイトの容量をもっと上げるしかないだろう。

 

まだこの問題は続くし、天皇陛下からこの件でお言葉も

あるようだ。

宮内庁もそんな事実はないというだけでは収まらなく

なってきた。

 

わしは「SAPIO」で『ゴー宣』として描くし、

「週刊ポスト」でも何らかの形で詳しい見解を語るだろう。

8月の「ゴー宣道場」の段階で、どこまでこの問題が進展

しているか分からないが、わしも高森氏も、そのときは

もっと深く語れると思う。

日本の歴史の重大な転換点であり、「ゴー宣道場」を続けて

きた最大の理由でもある。

 

政府も「生前退位は無理」というだけでは済まないだろう。

国民は天皇陛下にもうすっかり同情している。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ