ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.18 01:51

重要性を増し続けるゴー宣道場、次回は伝説化必至!

小林よしのりライジングVol.184の
ゴーマニズム宣言、および前回の
ゴー宣道場に対する
ライジングコメント欄の感想、
長文ですが素晴らしいので
ご紹介します!


愚かなうぬぼれ心、思い上がり、虚栄心から
安倍首相がイスラム国に宣戦布告してから約1年半
その間に安保法案が成立したり安部談話が出たりして
結局我々日本国民は彼を首相の座から下ろさなかった
その責任追及すら未だにされてない
つまりは、今回テロの犠牲者となってしまった方々は
我々日本国民が生贄にしたも同然
これもまた民主主義の病いの
おっかなさではないでしょうか
安部に唾すれば…
しかもこれから移民の受け入れやら東京五輪やら(-""-;)
願わくは、この我が国の民主主義が
この度周到に周到を重ねて乾坤一擲に
打って出られた天皇陛下の決意を
無駄にしてしまうようなことのないように
参加者のアンケートが紹介されてから
と思って待っていたのですが
これ以上はコメントしようという気が鈍りそうなので
勝手ながら失礼します
先日のゴー宣道場の生放送、拝見しました
高森先生、小林先生が述べられたように
確かに論点が展開し過ぎて未整理で
あの折角のホワイトボードの図も活用しきれなかった
残念ながらそういった印象も確かにありましたが
そういった点を差し引いても
今回はこれぞゴー宣道場!
ブラボー、ブラビッシモ?と
掛け値なしに素晴らしい回だったと
私は諸手を上げて称賛したく思います

各論点において、小林先生とゲストのお三方が
それぞれの意見を表明し
その視点・考え方の相違を明らかにした上で
議論を深めていく
それぞれの考え方が説得力をもって
論じられるものだから
その議論の濃厚さたるや
流石言論のプロフェッショナル、スペシャリスト
さりげなくも的確な
笹先生の名進行も光ってましたと思いましたが、
いかがでしょうか

また、時間が足らないという意見も確かに分かりますが
それがかえって、参加者や視聴者
さらには師範方にも
思考を継続させる効果をもたらすことに
なったのではないでしょうか
現に師範方のブログを見れば明らかですし
私も生放送後の夜は睡眠不足になりました(×_×)
民主主義という病いは
一回議論したぐらいでは到底消化し切れない
多分に含蓄のあるテーマだったということでしょう

いみじくも小林先生が仰ったように
誰も神ではないのだから
一個人があらゆることを全て把握し
完全なる判断を下すなんてことは不可能
だからこそ公のため
平たく言えばより良い社会のため、
国の未来のために
色々な分野に携わる
色々な人たちが集まって議論をしていく
議題に対し様々な見地から意見を出し合い、
論議を交わす
そういった議論の意義・可能性
民主主義における熟議の必要性を
今回改めて示して頂いたと感じました
そしてそういった議論ができるゴー宣道場の重要性も
議論そのものは建設的な成果に乏しかったとしても
正に今回は公論の手本といった感じで唸らされました

ゴー宣道場の全国展開は運動となって
暴走するのではと
そういう懸念の声があるようですが
今や安倍政権の下、翼賛体制に成り果てよう
としている
今の日本の言論の中にあって
ゴー宣道場の存在意義まで否定はできないと
単にグローバリズムの潮流の防波堤に留まらずに
ゴー宣道場の重要性はますます大きくなると
この度痛感させて頂いた次第です
その意義・重要性を見失いさえしなければ
心配はないと思いますが

私個人としては
[選挙権も被選挙権も試験に合格したものが獲得し…]
[公民主義]
この2点について
各師範方、ゲストの方々それぞれに
感想・見解・考察を論じて頂き
その可能性等について討論して頂ければと思いましたが
次回の大阪ゴー宣道場、果たしてどうなるのでしょうか
まさか民主主義という病いにおいてやんごとなき
テーマを
まるで天皇陛下がおん自ら
ご提示されたような格好になるとは
しかも全国展開において重要な関西開催の回で
正にゴー宣道場の[真価]が問われる回
伝説となること必至
どのような議論が展開されるのか
まだ何も見えてきませんが
既に注目度はMAX!?

何かもろに煽り文句みたくなってしまいました(¨;)
以上、お粗末さまでした

(ゲストさん)



いよいよ重要性を増すゴー宣道場!
伝説化必至の次回関西道場!

その前に、前回道場を
もう一度見直して、
多岐にわたった論点を整理し、
思考を継続することも
ぜひおすすめします!

タイムシフト視聴期間は終了しましたが、
動画は(できれば)本日中に配信します!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ