ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.22 01:22日々の出来事

江戸時代の具体像を知りたい


高森明勅氏の「高森ウィンドウズ」の「江戸時代像の転換」

を見て、1649年の慶安の御触書がどこかの教訓書だった

ものを明治になって何やら正式な文書に入れてしまった

ものだから、今に至る江戸時代の暗黒史観に繋がっている

という説が面白かった。

 

実際の江戸時代の百姓に至るまでの生活の明るさがどんな

ものだったか具体的な映像で見てみたいものだ。

そしてそれならば鎖国しても日本は内需でやっていける国

だということになる。

 

だが吉原の女郎が東北から身売りされてきたというのも

事実であり、昭和に入っても貧困農家の娘は女衒に買われて

いたのも事実である。

 

マルクス主義的階級史観による歴史観が偏り過ぎているのは

分かるが、貧困の度合い、明るさの度合いが、分からない。

 

一方で幕末に訪日した外国人たちは、日本は子供の天国で、

民衆は極端に人が良くて、微笑みの国だったという証言も

ある。

 

貧困や幸福の観念をどう捉えるかという問題がある。

ネットに依存したオタクにとってみれば、江戸時代は間違い

なく暗黒の時代になってしまうだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ