ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.22 12:24その他ニュース

小林よしのりを「カルトの入り口」呼ばわりした性的暴行常習者!

ベストセラーになっている扶桑社新書
『日本会議の研究』の中に
●きっかけは「小林よしのり」
と題する項があって、
『新ゴー宣』と『SAPIO』や
『正論』を読んで保守思想に目覚め、
日本青年協議会にオルグされ、
最後はカルトだと気付いて追放され辞めた
という33歳の青年の話が出ているそうです。

だが同書の著者の菅野完なる男は、
「レイシストをしばき隊」の元メンバーです。

陰謀論体質で、
「小林よしのりはネトウヨの生みの親」
と信じて疑わないしばき隊の奴が、
よしりん先生をカルトの入り口
呼ばわりしていたのです!

しかもこの菅野完は
性的暴行で訴えられて
係争中の人物なのです!!

「週刊金曜日」7月15日号によると、
菅野はしばき隊の運動
(記事では「しばき隊」の名は出していない)
に賛同した女性をレイプしようとして、
未遂に終わるもその後もつきまといを
繰り返したといいます。

菅野の被害者は他にもいて、記事には
「さまざまな運動において、真摯に取り組む
女性の思いを巧妙に利用し、ハラスメントや
つきまといなどをしているようです」
とあります。
ある女性は、初めて電話を受けた際に
「俺はセックス依存症だ。性の処理を
してくれる人を求めている」
言われたそうです。
ところが被害女性がしばき隊に対して
他に被害が出ないよう周知を頼んでも、
「運動を潰すわけにはいかない」
「運動と関係ない」などと言われ、
聞き入れられなかったといいます。

運動のために
性的暴行常習者を
かばった団体・しばき隊!!

被害女性はこう話しているそうです。
「彼は事件後もツイッターで、
女性を擁護する正義漢ぶった発言を
繰り返していて、吐き気や目眩(めまい)
が止まりません」

こんな卑劣極まりない最低最悪の人間が、
正義漢ぶってよしりん先生に
「カルトの入り口」のレッテルを
貼ろうとしたのです。

反吐が出そうな人間
というのは、
本当にいるものです。





トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ