ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.24 15:01ゴー宣道場

恋闕の情がない者たちの妨害を許すな


関西版「ゴー宣道場」の応募者の中に、次のような人がいる。

・・・・・・・・・・・

はじめまして。
私は、18歳の頃に小林先生の「戦争論2」に出会い、

14年間、ゴーマニズム宣言を手本に生きてきた者です。


一昨年、私の地元の奈良で催された、「第34回全国豊かな

海づくり大会」に、天皇皇后両陛下がご臨席くださることが

わかり、ゴーマニズム宣言を通じて得た皇室への敬愛から、

両陛下が車で会場へ向かわれる道中のお見送りに出向きました。

 

私は沿道で日章旗を持ち、母と母の友人らと共に両陛下を

お見送りしたのですが、両陛下は沿道に人を見かける度に

車の速度を落としてくださり、非常に寒い時期にも関わらず

窓を開けてじっくりと手を降ってくださいました。

 

全員が声を上げて感激し、私も落涙して、天皇陛下が好きで

好きでたまらないという「恋闕の情」を初めて実感しました。


また来年から私は知的障害者の方への支援施設で働くことが

決まり、改めて、天皇論で拝読した、日本身体障害者団体

連合会会長の小川榮一氏による、「ハンディがあっても

国民のひとりとして尊重してくださり、(中略)、皇室こそが

日本の素晴らしい国柄を代表していると思っております。」

と述べられた、皇室への感謝のお言葉が頭をよぎりました。


以上の経験を鑑みて、この度の歴史的な機会にゴー宣道場に

参加致したく思いました。
当日は、「俗なるタブー」に束縛されない、闊達な議論を

期待したく思います。

・・・・・・・・・・・

「恋闕の情」と言うと「天皇陛下を恋い慕う右翼の強烈な

心情」のように思われるかもしれないが、天皇さまを見て、

思わず落涙するような感情が沸き起こるなら、それも十分

「恋闕の情」と言っても良いだろう。

 

男系絶対固執のエセ尊皇派は、残念ながら天皇陛下に対して

このような感情を持たない。

男系という血脈にしか感情移入をしないから、明治天皇だろうが、

大正天皇だろうが、昭和天皇だろうが、今上陛下だろうが、

個人には誰にも「恋闕の情」など沸き起こることがないのだ。

 

ただ可視化されないY染色体のみを尊崇する、それが男系派の

異様さである。もはやカルト宗教だろう。

 

それがカルト宗教である証拠には、彼らの言う「旧宮家系」の

男系男子という者がいないという現実だけで充分である。

 

彼らはいない者を皇族にせよと主張する。

しかも3人以上だ。

本気ならば、見つけてくるだろう。

その気もないのだから、いない者がいるはすだと妄信している

だけであり、完全なカルト宗教である。

そういう連中が、またしても天皇陛下の「生前退位」を妨害

しようとしている。

 

関西版「ゴー宣道場」は重要である。

これほど重要な回を、ユーモアまで交えてやるというのは、

とてつもなくハードルが高い。

だがやらねばならない。

会場全体も、熱気で我々を応援してほしい。

応募締め切りは水曜日、あと2日だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ