ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.27 06:27皇統問題

週刊文春は二代続けて皇后バッシングをする気か?

一連の天皇陛下生前退位報道に関する
各週刊誌の記事の中で、
「週刊文春」7月28日号の
『天皇陛下生前退位報道直前に告白された
 美智子さま「雅子皇后」への真意』
が、どうにも引っかかってます。

生前退位について、特に異議を
唱えているわけではないのですが、
「雅子妃に皇后が務められるか」
との見出しをつけ、
「即位の礼の後の祝賀パレードに
雅子さまはお出になれるのか」
(千代田関係者)だの、
「雅子さまはキャリアウーマンの
アイデンティティが強く、
皇后の御事蹟には馴染まないのかも
知れません」(放送大教授・原武史)
だのと、チクチク雅子妃殿下を
批判するコメントを載せています。

それで、記事タイトルにある、
皇后陛下が生前退位報道直前に告白したという
「『雅子皇后』への真意」なるものは、
最後の最後にちらっと出てくる
「千代田関係者」のいう、この証言だけ!

「皇后陛下は、次代につないでいくことで
何か明るい兆しが時代の中に生まれないかしら、
とも仰いました。雅子妃への不安と期待が
ない交ぜのお気持ちだと拝察しました」

羊頭狗肉としか言いようのない記事ですが、
全体を通して読むと、
要するに文春は上から目線で
「雅子妃がちゃんと皇后をやれるのかどうか、
見てやろうじゃないか!」
と言いたいようです。

何かあれば雅子皇后を叩いてやろうと
虎視眈々と狙っているようにも思えます。

ネット内では不敬極まりないネトウヨどもが
「雅子皇后なんかいやだ!」と騒いでいるし、
雅子皇后が誕生したらバッシングして
商売しようと考え始めたのでしょうか?

週刊文春は二代続けて
皇后陛下をバッシングして、
御病気に追い込むつもりか?

非情で非常識な国民が
皇室を危機に直面させているのです。

常識を持った国民が
皇室を語ることのできる場は
「ゴー宣道場」しかありません!

参加応募締め切りは本日!!


第57回ゴー宣道場・第2回関西ゴー宣道場

「おそるべき天皇 生前退位の真相」

平成28年8月7日(日)午後1時 から
『大阪研修センター 江坂』 にて開催します。

「大阪研修センター 江坂」
(住所:大阪府吹田市江坂町1-13-41 SRビル江坂 )は、
JR新大阪駅から地下鉄御堂筋線で4分、
または地下鉄梅田駅より9分、
地下鉄御堂筋線『江坂駅』 から徒歩1分です。
(「1番出口」から出て、そのまま北へ直進)


会場のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

当日、道場の入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要


申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。
プリントアウトができない方は、当選メールの受信が確認できるもの
(携帯電話、タブレット等)をお持ちの上、ご来場ください。

 道場参加申し込みフォーム

応募〆切 は 平成28年7/27(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ