ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.7.29 03:06皇統問題

実は天皇陛下生前退位を妨害したい竹田恒泰の本音

ニセ旧皇族の竹田恒泰が、
今日(7.29)の産経新聞で
天皇陛下「生前退位」について
発言しています。

一応、最初に竹田はこう言います。

私は、報道にあった陛下の「御意向」は
恐らく、陛下の本心と思う。これまでの
陛下のご発言などからして、とても自然で
矛盾のない内容であるから、一刻も早く
法整備をし、譲位を実現して差し上げる
べきであると考える。

ところが、結論はこうなっています。

陛下の内心は議論する対象でなければ、
断定すべきものでもない。一人一人が
忖度して、陛下の御心にかなうことを願い、
静かにお見守りすることこそが肝要と思う。

間に回りくどい文章がだらだら挟まって
何が言いたいのかわかりにくくなってますが、
この結論に竹田の本音が表れています。

竹田は「一人一人が忖度」し、
「議論」も「断定」もするなと
言います。

つまり、「陛下は退位を望んでおられる」
と忖度する者がいてもいいし、
「陛下は退位を望んでおられない」
と忖度する者がいてもいい、
どちらが正しいか議論してはいけないし、
これが陛下の御意向だと断定しても
いけないと竹田は言うのです。

「陛下は退位を望んでおられる」と忖度する者は、
陛下が退位できるように願い、
「陛下は退位を望んでおられない」と忖度する者は、
陛下が終身在位できるようにと願い、
それぞれ静かにお見守りしましょう
と竹田は言うのです。

これでは事態は一切動かず、
天皇陛下の生前退位はかないません。

本当に生前退位が陛下の本心だと思うなら、
そうではないと主張する者と議論し、論破して、
これが陛下の本心だと断定し、
国会議員に皇室典範を改正するよう
世論形成に努め、一刻も早く
退位を実現して差し上げようと
考えなければおかしい。

つまり、事態を一切動かしたくない、
天皇に生前退位させたくないというのが
竹田恒泰の本音なのです!!

天皇陛下が生前退位されれば、
皇太子不在となり、
女性宮家・女系天皇の議論まで
一直線につながっていることを
竹田はわかっているから、
なんとしてもそれを妨害したいのです。

生前退位が陛下の本心とわかっていながら、
そして上辺だけは「一刻も早く
法整備をし、譲位を実現して差し上げる
べきである」とか言いながら、
実は絶対に生前退位が実現しないように
世論を誘導することを企む竹田恒泰!!

これ以上の逆賊がいるでしょうか!?
トッキー

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ