ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.7.29 23:17日々の出来事

ブルボン小林氏の批評を見た


週刊文春を開いて驚いた。

ブルボン小林という人が「マンガホニャララ」という

コーナーで、「コロコロアニキ」の『おぼっちゃまくん』の

ことを取り上げてくれている。

 

なかなか微妙な批評の仕方で、ブルボン氏はどうやら

『ゴーマニズム宣言』は「考えに同意」しているのではなく、

「漫画が優れている」と思ってくれていたらしい。

それも大変ありがたい評価の仕方だ。

 

『ゴーマニズム宣言』を漫画として称揚すると「考えに同意」

していると思われるから論評しにくい素材になっていたようだ。

なるほど!そういう見方もあったのか!新鮮だ。

 

ブルボン氏はテレビでAKBメンバーがわしの似顔絵を見て、

「えー、絵うまーい」と言ったことを「言ってはいけない

褒め言葉」だと言い、今回『おぼっちゃまくん』を読んで、

「メリハリの切れは健在だし、「久々の」登場と違ってずっと

手を動かしていたから線に力もある。」と評してくれ、

「絵うまーい」というアイドルと同じ感覚を持ったらしい。

そこが書き方としてユニークだ。

 

わしとしては『おぼっちゃまくん』を懐古漫画とは思って

いない。

20年も描いてなかったが、休載していただけで、この度、

続きを描きだしたようなものなのだ。

今度は全編描き下ろしのギャグ漫画として、発表したい。

 

「コロコロアニキ」の作品も色んなパターンの一本、

すでにコンテを描き上げた一本は、貧ぼっちゃまとの対決

をテーマにした、もっとブラックなものになっている。

色んなパターンを試してみたい。

幸い、今の小学生も面白いと言ってくれてるようなので、

それを励みとして描きあげよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ