ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.8.2 03:56日々の出来事

つけペンは要らなくなるか?


明け方の豪雨が凄くて、雷鳴で目が覚め、熟睡できなかった。

今も曇天でときどき雷鳴がする。妙な天気だ。

 

今日の夜は「SAPIO」の打ち合わせがあるから外出するので、

それまで『大東亜論』のペン入れだ。

太い線も細い線も出る筆ペンの存在をポカQから教えてもらい、

やけに絵が描きやすくなった。圧倒的に速い。

今のところは細かい線をペンで入れているが、

いずれつけペンを使わなくなるのではないだろうか?

 

明日は週刊ポストの『ゴー宣』の締め切り。

雑誌のインタビューもあるが、その前に幻冬舎の単行本と

文庫本にサインをする。

今度は手描きの絵とサインにする。

師範方も自著を関西「ゴー宣道場」で販売する予定だ。

 

しかし今朝からテレビはずっと小池百合子の話題だ。

テレビは毎日、視聴率がとれる話題に徹底的に偏って報道

するから、どのチャンネルも一緒だ。

テレビと視聴者は結託して、舛添要一の首を狩る運動に邁進

したかと思えば、一転、小池百合子の絶賛報道を繰り返す。

テレビと大衆は常に結託している。

 

くだらないからiPadで映画をレンタルして見ながら、

ペン入れを続行しよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ