ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.8.4 01:00

日本会議が陛下のご意向に「猛反発」?

『週刊文春』(8月11日・18日号)に
「天皇生前譲位に『
日本会議』が猛反発」という記事。

直接、コメントを寄せているのは、百地章・八木秀次・大原康男
入江隆則・島村宜伸・田久保忠衛の各氏。

特に目新しい内容はない。

それにしても、不思議なのは以下のような発言。

「譲位を認めることは『私なし』の皇室の伝統に反する恐れがある」
(百地氏)

125代続いた皇位継承の伝統を弊履のように捨てて…
皇室制度の変更を検討するのは拙速」(入江氏)

この人達は、“125代”のうち、譲位による皇位継承がどの程度を
占めるか、
ご存知ないのか。

前近代の皇位継承では、むしろ「譲位」こそが標準であり、
伝統だった事実を知らないのだろうか。

明治大学名誉教授で日本会議の代表委員という入江氏に至っては
今上陛下や皇太子殿下、秋篠宮殿下などのお顔だけを考えて…」
などと放言。

単に無知なだけでなく、自ら反逆者、不忠者と名乗りを挙げているに
等しい。

記事には―
日本会議では(陛下の)『お気持ち』が表明された後の行動も
検討しているという」と。

まさか、よりによって“保守”系最大の運動団体が、
組織を挙げて陛下のご意向に「叛(そむ)く」
などと想像する人はいないだろう。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ