ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.8.5 00:18皇統問題

Y染色体を信仰する因習集団


読売新聞社の緊急世論調査で、天皇陛下から皇太子殿下

への「譲位」が出来るように法改正すべきだという回答が

84%に上ったという。

「改正すべきだ」は男女別や年代別でみても、すべてで

8割弱から9割弱を占めている。

当たり前だ。それが健全な庶民感情というものだ。

 

「日本会議」が「摂政を立てよ」などと一知半解な知識を

振り回しても、健全な庶民を洗脳するのは不可能だ。

 

そもそも「日本会議」には尊皇心のひとかけらもない。

125代にわたる天皇の一人ひとりを敬愛する気持ちなど

全然なくて、男系血脈というY染色体を崇拝している

のである。

そんなものは単なるカルトであって、日本人の伝統ではない。

伝統とは「因習」ではないし、ましてやカルトは排除しなければ
ならない。

 

伝統とは日本人のバランス感覚なのであって、まさに今まで

国民のために祈り、働いてこられた陛下のご意向を叶えて

さしあげたいという日本人の心情こそが伝統なのだ。

 

「日本会議」のカルト信仰に、なぜ振り回されなければ

ならないのか?

ノイジー・マイノリティーの狂った意見に、政府が配慮

したり、マスコミが取り上げる必要もないのだ。

将来、日本国民が必ず笑って語るときが来るだろう。

「昔、日本会議なんて国賊集団はY染色体を信仰していたん

だってよ」

「アホだねえ」というように。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ