ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.8.6 00:39ゴー宣道場

天皇陛下を守る


明日7日は関西版「ゴー宣道場」である。

天皇陛下の「お気持ち表明」の前日となった。

 

それにしても、天皇は日本国の象徴でありながら、

この日本に「天皇陛下を守る」という意思を掲げた団体や

組織が一つもないというのが不思議だ。

 

「天皇のご意思に逆らう」団体なら、日本会議がある。

 

「ゴー宣道場」は「団体」でも「組織」でもないが、

「天皇のご意思に逆らう」団体がある以上、尊皇心を持つ

一般人の「個の連帯」として、「天皇陛下を守る」意思を

高々と掲げておきたい。

 

しかし「ゴー宣道場」は運動団体ではない。

これは弱点でもある。

全国に根を張って確実な人数を確保し、組織機構を作り

上げ、行動目的を全体主義的に浸透させ、政治家にとって

「集票マシーン」として影響をあたえる、それが運動団体

である。日本会議がそれだ。

 

「ゴー宣道場」は個人個人が支持政党もバラバラで、

集う人々も流動的なので、「集票マシーン」にはならない。

そこが政治的な影響力を発揮しにくい所以だ。

恐らく緩やかに「尊皇」「国権」「民権」という要素では

一致できるだろうが。

 

こういう事情だが、大阪開催の設営隊長から、師範方に

「ゴー宣道場」の全国展開について直訴することがある

という。

5分だけでもと言うが、そんなに遠慮することはない。

心行くまで話しに来ればいい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

特別回

特別回 令和3年 3/14 SUN
13:00

テーマ: オドレら正気か?関西LIVE「コロナ全体主義をぶっ飛ばせ!」

INFORMATIONお知らせ