ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.8.16 03:44政治

ヘンタイな国民


今日も『おぼっちゃまくん』のペン入れ。

特別立法による譲位という憲法違反がずっと気になっている。

それでもわしの「現場」が漫画描きだから、粛々と作業する

しかない。

 

最近、思うのは国民の圧倒的多数の思いがあっても、

権力は無視できるということだ。

女性天皇を認めるべきという意見も80%くらいあっても、

権力は無視する。

ほんの一部の叛逆者の意見を尊重して、憲法違反もやって

しまおうとしている。

「立憲主義」と言っていても、全然権力を縛れない。

マスコミも憲法違反をすっかり無視する。

 

寿司屋に行くと大将との話題は築地市場の移転の話題になり、

築地の魚市場の関係者はみんな困っているという。

土壌汚染のことだけではない。

今まで海水をふんだんに使ってもタダで、ハエも飛ばなかった

のだが、豊洲では水道水になるので、お金がかかるらしい。

そもそも移転費用も個人で出さなければならないし、

これを機に辞める人が続出しているらしい。

それでも11月には強制的に移転させられる。

現場の人たちを無視して、権力は間違った政策を推し進める。

小池百合子はこれを止められるか?

やっぱりもう遅いのか?

 

原発の再稼働も、どんどん進められている。

国民が反対しても権力は無視できる。

国民は仕方がないとあきらめている。

政策面から見れば、民主主義のカケラもないように見える。

 

だが、選挙になると自民党に人々は票を入れるのだ。

民主主義の結果が、国民を無視する安倍政権支持なのだ

から、どうにもならない。

いざとなれば選挙で勝つから、国民の望みなんて聞かなくて

いいのである。

我々の望みなんか無視してくれていいからと、国民が思って

いるから、権力はホクホクだ。

 

これが民主主義なのである。

自民党が国民の慣れ親しんだお上なのだから、ダメ親父に

すがりついて底なし沼に沈んでいく餓鬼のようなものだ。

それでも日常生活はそこそこ楽しんでいるようだから、

底なし沼に浸かっているのはまだ膝くらいだという感覚

なのだろう。

首まで沈まなければ分からない国民だから放っておくしか

ないのかもしれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ