ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.8.17 00:54政治

バイデン副大統領の名言


バイデン副大統領が、日本の核武装を容認するトランプを

批判し、「核保有国になり得ないとする日本の憲法を

我々が書いたことを知らないのか」と発言した。

その場にヒラリーもいたが笑っていた。

 

実にむかつく光景である。

戦争の勝者が敗戦国の憲法まで書くのは、本来、国際法違反

である。

日本の憲法を書いたことを、誇りに思っている米国人の本音

を聞いて、不愉快に思わない日本人は「奴隷」だからである。

 

しかしバイデンもよくこんな失礼なことを公然と口に出した

ものだ。

いや、失礼だが、公言してもらって良かったのだろう。

「憲法を書いてもらってありがとう」と感謝している愚劣な

日本人の姿が明瞭になってくる。

 

日本人はトランプが嫌いだ。

確かにトランプは放言だらけで、安定した知性があるとは

思えない。

しかし、日本の立場から見れば、真の独立を促す良きことも

言っている。

核武装容認はその代表的な例だ。

 

奴隷の臆病さが脳髄まで染み渡った日本人は、核武装

なんてとんでもないと力いっぱい遠慮するのだろうが、

わしのような根っからの独立心を持つ日本人は「しめた!」

と思ってしまうのである。

 

しかし報道番組を見ても、このニュースの扱いが小さい。

右の耳から左の耳へ受け流すつもりのようだが、こんな国で

愛国心を叫んでも虚しいだけである。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ