ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.9.1 01:00

平成の国民、最後の責務

「朝まで生テレビ」の中で、天皇陛下のお気持ちにお応えする為に、
「二段階」で対処しよう、
という声があった。

先ずは、“一代限り”の特別立法で可及的速やかに陛下ご自身の
ご譲位を可能にする。

その次に、
じっくり時間をかけて皇室典範の包括的な改正を
検討する、と。

冗談ではない。

これまでの経緯を思い出せ。

悠仁親王ご誕生で何ら危機を脱した訳でもないのに、
皇室典範改正の気運はたちまち萎んでしまった。

以来、徒に歳月のみが流れた。

この度は、陛下の直接のお言葉でやっと事態が動き始めた。

にも拘らず、ごく一握りの国民から孤立した“反逆者”に
無用の配慮をして、
またぞろ問題の「先送り」を図ろうとしている。

それは、何より陛下ご自身のお気持ちに反する。

又やがて同じ問題に直面することは明らか。

更に、特別立法が違憲になるのを免れる為に
“抜け穴”を作るやり方は、
認められない。

典範そのものの存在意義を否定し、その体系性、整合性をも
毀損するからだ。

そもそも二段階と言いながら結局、
一段階”のみでお茶を濁す結末になることは、今から断言できる。

陛下は国民に「深い信頼と敬愛」を寄せて下さった。

その上で「切に願っています」とまでおっしゃられたのだ。

不敬不忠な雑音を拝し、政治家の卑怯な振る舞いを叱咤し、
必ずや陛下のご念願を叶えて差し上げなくてはならない。

それこそが、平成の国民の最後の責務だ。

後世の日本人から、あの時、陛下の玉音放送を拝した
平成の国民は一体、
何をしていたのか、と非難される結果にしては
ならない。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ