ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.9.5 01:00

12月23日の天皇誕生日は近く終わる

天皇陛下は8月8日のお言葉で「2年後には、平成30年を迎えます」
とおっしゃった。

これが、ご譲位実現の“ゴール”を考える場合、大切な目安になるはず。

つまり同年迄には、恙無く陛下のご譲位が行われるべきだ。

陛下のご念願通りに事態が順調に推移すれば、
12月23日の天皇誕生日は今年か来年が最後になろう。

ご譲位の後は、当たり前ながら皇太子殿下のお誕生日の
2月23日」に移る。

平成という元号も、ご譲位と共に改まる。

まさに「平成」が終わろうとしているのだ。

次の改元は、明治以来の先帝崩御に伴う「悲しみ」の改元ではなく、
先帝の“
譲り”を受けたご即位による「慶び」の改元になる。

私どもは今、はっきり時代の転換点に立っている。

皇居勤労奉仕団へのご会釈も、
ご譲位後はお出ましにならない
可能性が高いだろう。

これ自体、大きなご負担だった。

私も可能なら、来年は久しぶり勤労奉仕に参加させて戴きたい。

天皇誕生日の一般参賀には毎年、加わって来た。

だが今年は、例年とは自ずと違った感慨があるだろう。

これまで天皇誕生日の一般参賀に一度も参加したことがない人も、
都合がつくなら今年は参加されてみてはいかが。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ