ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.9.8 03:16政治

天皇陛下と安倍政権との戦争になった!


今朝の朝日新聞に、「生前退位、特措法で」という記事が

載っている。

政府は「皇室典範改正せず」だそうだ。

しかも「いまの天皇陛下だけ可能に」だ。

一代限りで次の天皇はまた終身制ということだ。

 

新聞の2面に書かれている通り、「自分だけの譲位を可能

にする特措法は本意ではないだろう」という陛下に近い

関係者の言葉通りである。

保坂正康氏も「単なるその場しのぎと受け止められても

仕方がない。特措法だけでは、天皇陛下の意思を尊重した

ことにはならない」と指摘している。

 

やはり安倍政権では、コアな支持者である「男系固執派」

を裏切ることは出来ない。

日本会議の磁場から逃れることは出来ない。

 

政府の出す結論通りなら、これは天皇陛下にとって最悪の

結果になる。

 

安倍晋三はこう考えているのだろう。

「そんなに譲位したいのなら、さっさとさせてしまえ!」

「その代わり、おまえの望みなんか一切聞いてやらん!」

「ざまあみろ!」

 

安倍政権は、天皇陛下の玉音放送を、権力への挑戦と受け

取って、むしろ陛下を逆恨みし、「仕返し」をするつもり

なのだろう。

これは天皇陛下(権威)と安倍政権(権力)の戦争なのだ。

国民は、どちらにつくかが問われている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ