ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.9.10 01:00

一旦皇籍離脱しながら天皇に即位した例とは?

皇室の歴史で一旦、皇籍を離脱し、
その後再び皇籍に復帰して、
天皇として即位した例がある。

第59代宇多天皇だ。

先代の天皇の皇子ながら皇籍を離れた。

しかし、離脱していたのは僅か3年だけ。

又、宇多天皇が皇籍から離れていた期間に
生まれて天皇になったのが第
60代醍醐天皇。

それぞれ例外的な唯一のケース。

更に第26代継体天皇の場合は、応神天皇の5世の孫で歴史上、
天皇との血縁が最も遠いものの、当時なお皇族の身分を
失っていなかった事実が、
和歌山県の隅田八幡神社に
伝わる人物画像鏡の銘文から分かる。

よって、旧宮家系国民男子のように、
天皇との血縁が桁違いに遠く、
皇籍を離脱して何十年も経過し、
世代も替わっている人物が、
改めて皇籍を新しく取得し、
天皇になる資格を得るという事態は、
全く前例がないし、
伝統的な皇室と国民の厳格な区別を大切にする
考え方からは、
まるでかけ離れている。

平素、皇室の伝統を強調する人たちが、こんな破天荒なやり方を
しぶしぶ黙認するどころか、
積極的に推進しようとしている。

甚だ奇怪で不可解だ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ