ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.9.20 13:52お知らせ

天皇・生命・女性の尊厳を冒涜しまくる男系派! ライジング193配信!

雨にも負けず、台風にも負けず、
くだらぬ意見をメッタ斬り!

小林よしのりライジングVol.193
配信です!!

今週号のタイトルは
「『医療の発達』に男系男子の出生を期待する愚」

今週号のトップは

泉美木蘭さんの「トンデモ見聞録」

皇統の男系男子維持が可能だったのは、
あくまでも「側室」があったから。
現代に側室の復活はいくらなんでも無理
となると、男系固執派は
「医療の進歩により、男系は維持できる」
と言い始めた!

これは、天皇の尊厳に対する冒涜であり、
生命の尊厳に対する冒涜であり、
女性の尊厳に対する冒涜である、
言語道断の発言である!

それを全く自覚しないで
平然と主張し続ける
男系固執派の異常さを

これ以上許してはならない!!

ゴーマニズム宣言は
「『二重国籍問題』
血統や国籍よりも重要なもの」

民進党の蓮舫衆院議員の
「二重国籍バッシング」が
ひどすぎる!!

蓮舫個人を支持しているわけでも何でもないが、
二重国籍自体は法的に何の問題もない。
これはウェブサイト「アゴラ」で
評論家・八幡和郎が火をつけ、
同サイトの代表・池田信夫が煽り、
ネトウヨたちが騒ぎ立てたのだが、
連中の法解釈は全くのデタラメである。

これは単なる人種差別であり、
ヘイトスピーチにすぎない!

重国籍者であっても
日本国籍を選択した者は日本人で、
重要なのはナショナリズムの有無である。

純潔血統主義や、純潔戸籍主義は、
グロテスクな排外主義を生むだけだ!


【今週のお知らせ】
「泉美木蘭のトンデモ見聞録」
 …皇室に限らず、明治から大正にかけては
 《出生率》も《乳幼児死亡率》も高い「多産多死」の時代。
 旧皇室典範制定に関する皇位継承論争も、
 あくまで「側室ありき」で、一般社会にも「お妾」は
 公然と存在していた。
 しかし現在の皇室には当然ながら「側室制度」などないし、
 一般国民の感情としても到底受け入れられないであろう。
 しかし、これに対して男系男子限定派は反論の根拠として
 「医療の発達」を挙げる。医療の発達に
 男子出生を期待する愚かさを自覚せよ!!
「ゴーマニズム宣言」
 …蓮舫が民進党の新代表になった。
 わしは蓮舫を元から支持していない。
 共産党と連携する岡田路線を継承するとか、
 9条絶対擁護が信念だとか言うのでは、
 期待のしようがないのだ。
 とはいえ、蓮舫の「二重国籍」に対するバッシングには
 気色悪さを感じた。そして、このバッシングを煽ってきた
 ウェブサイト「アゴラ」の代表・池田信夫は、
 他の重国籍者にまで攻撃の矛先を向け始めたのだ。 
 その本心は醜悪極まりない差別である!
 純血血統主義・純血国籍主義を
 エスカレートさせてはならない!
※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」
 よしりん漫画の魅力の一つ「個性的な擬音」は
 どうやって生まれたの?
 「小林よしのり氏ら女系天皇派は、二千年以上続いた
 男系継承に価値はないと言う」という反論をどう思う?
 例えば特措法が成立した場合、陛下が拒否される
 可能性はある?
 大河ドラマ『真田丸』は観てる?
 ちゅう車場に「4」がないのは変じゃない!?
 映画館での鑑賞中に観客が声を出すのはアリ?
 タランティーノ監督作品は好き?
 …等々、よしりんの回答や如何に!?
【今週の目次】
1. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第15回
 「『医療の発達』に男系男子の出生を期待する愚」
2. ゴーマニズム宣言・第188回
 「『二重国籍問題』血統や国籍よりも重要なもの」
3. しゃべらせてクリ!・第151回
 「ノリノリぶぁ~い!ひとりサンバカーニバル!の巻〈前編〉」
4. Q&Aコーナー
5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
7. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ