ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.9.21 08:57政治

ヒラリーさん、「女性が輝く社会」なんて嘘です


訪米中の安倍首相が19日午後、ヒラリー・クリントン氏と

会談したそうである。

その時の安倍首相の言葉がなかなかの厚かましさである。

 

「私の政権が進めている『女性が輝く社会』にいち早く賛同の

意を表明していただいたことにお礼を申し上げたい」

 

おいおいおいおいおいおい・・無限に繰り返したい。

どの口が言うの?

 

ヒラリー・クリントンに誰か在米日本人は伝えてくれないか?

この「ゴー宣道場」サイトはアメリカにも多くの閲覧者がいる。

その人たちは、「安倍首相は、国の象徴たる天皇には、女性が

なることを断固、阻止しておりますよ」と、伝えてくれ。

 

「女性天皇も、女系天皇も、絶対ダメ!天皇は男系のみ!と

いうのが安倍首相の考えであり、女性宮家にも反対している

のが安倍首相ですよ」と言ってくれ。

 

「徹底的な「男尊女卑」が安倍首相なのですよ」と、

ヒラリー・クリントンに伝えてほしい。

 

『女性が輝く社会』なんて口ばかりで、皇室内では女性は

輝くことができないんだから、そんな時代が来るわけない。

天皇は国の象徴である。

愛子さまは「男系」なのに、それでも女性天皇にはさせない、

というのが安倍政権なのだから、究極の男尊女卑である。

クリントン氏は誤魔化されてはいけない。

口だけなら何とでも言える。

 

『女性が輝く社会』『女性が輝く社会』『女性が輝く社会』

けれど、天皇は男系男子しか輝けないのが日本である!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ