ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.9.29 01:00

日本は元々「双系社会」

皇位継承資格について、明治の皇室典範で初めて
「男系の男子」
に限定した。

今の典範は更に「嫡出」という縛り(側室の子は認めない)が
加わった。

かくて現在、皇室の歴史にかつてなかった、
窮屈極まる継承条件となっている。

これでは、皇位の長く安定的な継承は「構造的に」望み難い。

そこで「嫡出」か「男系の男子」か、
どちらかの限定を
解除するしかない。

側室の復活があり得ない以上、前者は解除出来ない。

となると、皇室の存続を願うなら、後者を解除するしかない。

その場合、わが国は元々「男系(父系)社会」ではなかった事実を、
振り返っておくべきだ。

既に、これについては様々な指摘がある。

ここでは、田中良之氏の人類学と考古学の総合的研究の結論を、
引用しておく。

「わが国は当初から父系社会ではなく、東アジアの中で国家を
形成していく過程で双系社会から父系社会に
転換したものである。
そして、その転換も徹底したものではなく、
本来の双系社会の特質を
残した社会であった」
(『
骨が語る古代の家族』)

ーわが国「本来」の双系の伝統を“再発見”することで、
皇室の危機を乗り越えることができるのだ。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ