ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.9.30 01:00

9月30日は少しハード

9月30日はミス日本コンテストで、
地方予選を勝ち抜いて来たファイナリストの女性たちに、
日本の魅力」についてレクチャーする。

今年は特に“皇室”を大きく取り上げて欲しいとのリクエスト。

勿論、(鼻の下を伸ばして)全力投球する。

その後、東京MXテレビの番組「西部邁ゼミナール」
2回分の収録(
10月8日、15日放送)。

テーマはやはり「生前退位」。

西部理論を拝聴しつつ、私見も披露したい。

更に、深夜からはテレビ朝日の「朝まで生テレビ」。

これで徹夜になる。

しかも翌日は、地元の自治会に駆り出される。
今年は当番で「
班長」をやらされている。

その為に、翌日(日曜日)に予定されている自治会の運動会の準備。

グランドのライン引きとか。

たまたま先月も、朝ナマが終わって朝6時頃に帰宅し、
9時からドシャ降りの中、
防災訓練に駆り出された。

班内の各世帯を1軒ずつ回って、家族の安否確認をし、
在宅者と不在者の数を一覧表にして、
自治会館まで届けた。

今回は、運動会には(ゴー宣道場の打ち合わせと講演の為)
参加出来ないが、
その準備だけはしなくては。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ