ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.10.5 03:47皇統問題

民進党が典範改正案を検討


民進党が典範改正案を検討すると、野田幹事長が表明した。
「皇位検討委員会」の設置を決めたという。
安倍政権は「今の天皇に限る一代限りの特措法」で
手っ取り早く済ませようという不敬な方向に走っている。

「退位」は「即位」とセットで行われるので、「退位」も特措法。
「即位」も特措法になってしまうのだ。

さらに政府は「皇室典範は特例、特則を定める別法も含みうる」
と言い訳するつもりらしいが、そもそも「天皇の譲位」とは、
日本の国体の最重要行事である。
それを「特措法でもいいから」と安易に片づける神経が
どうかしている。
どんな言い訳をしても、特措法で次の天皇は即位することに
なってしまうのだ。
「裏口退位」と「裏口即位」など、真の保守なら許せるはずがない。
もはや自民党は共産党よりも尊皇心を失っている。

しかも特措法では済まない事実がある。
「皇太子殿下が今後30年間以上、不在になる」という事実と、
「秋篠宮殿下が皇太弟にもなれない」という事実だ。
典範を改正しなければ、「皇太弟」にもなれない。

こんな無駄な議論を有識者会議で続けるくらいなら、野田幹事長
「女性宮家創設も視野に入れた典範改正案」の方が、
はるかに
現実的である。

世論調査でも、「一代限りの退位」は17%に留まり、「今後の
すべての天皇も退位できるようにするのがよい」が76%に上る。
わしは断言するが、「愛子皇太子の誕生」と「女性宮家創設」を
含む皇室典範改正案なら、国民のほとんどが喜ぶだろう。
民進党は「愛子さまを皇太子殿下に」と、明言した方がいい。

マスコミに洗脳された「大衆」よりも、歴史感覚としての
常識に裏打ちされた「庶民」の声を聞くのが、「保守」なのだ。
野田幹事長には「保守」の素質がある。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ