ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.10.5 23:44日々の出来事

「校閲ガール」石原さとみが最高だ


昨夜「校閲ガール」というドラマを見たが、石原さとみが

可愛いし、美しいし、圧倒的にパワーがあるし、演技が

絶妙だし、可笑しみがあるし、凄かった。

 

「シン・ゴジラ」のときは違和感しか感じなかったが、

あれは設定が酷すぎて損をしていた。

こちらが石原さとみの本当の魅力なのだ。

 

校閲というのは確かに作家からしてみれば、ウザいという

面はある。

例えば、わしの場合、「左翼」と「サヨク」を何となく書き

分けていたりするが、校閲者からはその基準があいまいで、

指摘されたりする。

「左翼」はマルクス主義者として使うときもあれば、

反天皇制の者として使うときもある。

「サヨク」は戦後民主主義者であり、国民主権を信じ込んでる

者に使うこともある。

瞬間瞬間で書き分けるので、校閲者に指摘されると面倒なのだ。

 

面倒だからもっぱらその判断は、秘書に任せてしまっている。

だが、やっぱり校閲というのは大事なのだ。

ありがたい存在である。

 

ネットの文章などは校閲がないから、どんなミスをするか

分からない。

大概の場合、秘書がミスをメールで指摘してきて、さらに書き

直してくれていたりする。

秘書も単行本のゲラを5・6回は読むから、校閲者に近く

なっている。

校閲は地味な仕事だが、そこに光を当てるドラマというのは

面白い。

「校閲ガール」は1回目から面白かったので、毎週見よう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ