ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.10.6 01:09日々の出来事

「君の名は。」過去が内包された今を生きよ


基本的にアニメは興味を持てないし、ましてや映画となると

わざわざ見に行く気が起きない。

だが、わしの意識を変えてしまうくらい凄いアニメ映画もある。

『アナと雪の女王』はその代表的な一本で、これを見てわしの

中の「男尊女卑」は崩壊させられてしまったと言える。

 

皇位継承の問題で、「男系原理主義」の馬鹿どもと戦ううちに、

世の男どもの「男尊女卑」のせいで、どれだけ女性が犠牲に

なってきたかを感じとれるようになっていたが、

『アナと雪の女王』は、時代がとうとうここまで来たかという

認識に至らせてくれた。

わしの中の「男尊女卑」を否定させてくれた名作である。

 

「男系原理主義者」は、たぶんアニメなど馬鹿にして見ない

だろうし、『アナと雪の女王』なんて見てないだろう。

感受性が貧弱だから、見ても何も思わないかもしれない。

 

宮崎駿の作品は画力で圧倒されて、その世界観も面白いと

思ったが、作者の意に反して、「日本的感性って凄い」と

いう日本人の自己満足を育ててしまったかもしれない。

だが、自分の感性を鈍らせないためには、見ておかねば

ならないアニメ作品だと思う。

 

新海誠の『君の名は。』も、見ておかねばならない作品だった。

東北の震災と、福島第一原発事故のあと、今度こそ日本人は

変わると思ったが、政治的には何にも変わらなかったように

見えた。

しかし日本人の深層心理に、実は大きな変化を起こしていた

ことを実感させてくれるのが『君の名は。』だった。

わしはこの作品を10代・20代の若い人たちが見ていることに

注目するし、大変喜ばしく思う。

 

すでに6週連続1位、興行収入130億円だそうで、

新宿バルト9では、公開1か月を過ぎても110回上映し、

平日も含めて満席が続き、年齢層も広がっているという。

新海監督の過去作品も見てみたが、『言の葉の庭』も

『秒速5センチメートル』も面白かった。

 

「男系原理主義」との戦いは、時代の変化を感じとれない、

そして因習と伝統の違いも分かっていない、老化した脳との

戦いでもある。

若者を無条件に礼賛するのは危険だが、彼らの無意識が何を

捉えているかを知っておかねば、今を分析することも、

未来を予測することもできない。

 

『君の名は。』が1020代の若者の潜在意識と響き合ってる

のなら、その感性が次の時代を創っていくのである。

その次世代の感性と、「天皇は男性・男系しかならぬ」と妄信

する感覚との間には、気の遠くなるような乖離がある。

 

ありもしない過去に向かうより、過去が内包される今を生き、

未来を生きる準備をする方が楽しいとわしは思う。

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ