ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.10.8 13:22日々の出来事

プロなら批判も嫉妬も許される


『君の名は。』を「プロから見ると全然面白くない」と

酷評した江川達也が炎上し、『GANTZ』の奥浩哉から

「この人、なんのプロなんだろう」と批判されたらしい。

 

わしは『君の名は。』を名作だと思ったし、新海誠監督の

過去の作品を見ても、なかなか面白いと思った。

また新作を発表すれば見に行くだろう。

 

江川達也は嫉妬してるだけだろう。

だが、今活躍中の漫画家に、「この人、なんのプロなんだろう」

と言われるほど、惨めなことはなかろうと思う。

そう言われないように、現役でプロをやり続けるしかない。

プロとは、とにかく自分の腕で食っている者のことだ。

漫画家ならば、漫画で食っていく存在であり続けることだ。

 

わしはテレビには、バラエティー番組は出ないことにしている。

プロのタレントではないし、なりたくもないし、漫画家である

ことを忘れられてはマズい。

AKB48の番組はひと頃、次々出てしまっていたが、あれは

完全にのぼせ上がっていたのだ。

メンバーに会いたくて引き受けてしまっていただけだ。

 

「朝ナマ」はしょうがない。

『ゴーマニズム宣言』という漫画の性格上、論客になって

しまったから、国のため、公のためには出なきゃいけない

時もある。

だがわしは、肩書は常に「漫画家」しか使わない。

漫画でスタッフを雇って、食わせているからだ。

 

わしは自分をプロだと思っているが、『君の名は。』は

間違いなくオタクの贔屓の枠を超えて、一般性を獲得した

作品であり、それこそがプロの証明ではないか。

 

手塚治虫は若手のスター漫画家が現れたら、嫉妬していた

らしい。

それが許されるのは、手塚が現役のプロだったからだ。

プロであれば、批判も嫉妬も許されるのだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ