ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2016.10.10 09:15ゴー宣道場

設営隊長が、会場で出会った方々

昨日の道場の模様について、
設営隊長の報告をご紹介します!


会場に手話通訳の三人の女性が到着され、
その方々を席にご案内しつつ話す
機会がありました。
「皇室典範改正案」で使われる用語も
特殊なものが多いと予想され、
前以てプリントも求められお渡ししました。
それにしてもあの多くの内容を瞬時に
訳す手腕はただ事でないと思います。

手話通訳のおかげで全聾のNさんも
道場をその息吹ごと!楽しめること、
熱心に参加してついに「門弟」になられたこと、
そして早速ML等を通じてその感性・言葉を
生かし進んで参加しておられること
等お話ししました。

そしてそのことは、聾ではない者達にとっても
「聞こえる・理解するとはどういうことか」を
再考する機会にもなっています、と。

「『手話』って一つの言語ですね。
言葉って考え、意思疎通し、さらに深めていく
大切なものだと改めて感じています。」
と申し上げました。

笑顔の美しい方々で、楽しく話しながら、
そのお一人は(聞こえる私と)話しながらでも、
手話らしい優しいしぐさが自然に
混じっていました。
もう体にバイリンガルのように
自然に身についておられるのですね。

そんな会話の最後におっしゃった言葉は
—「手話通訳冥利に尽きます」でした。
それを口にされた三人の通訳の方々の
笑顔が一層印象的でした。

【冥利】—それとわからぬうちに
神仏があたえるめぐみ/ある立場にある
ことによって受ける恩恵  
【冥利に尽きる】—ありがたくてもったいない

通訳の方の言葉が心に残って、
後で辞書を引きました↑。
やはり、「慎みを以て畏れを知る感覚」を
含んだ意味なのですね。
これはまさにゴー宣道場が戦い守ろうと
している存在に直結している事だ!と思いました。

「畏れを知らない」ことが呼び寄せる
果てしない図々しさ・恐ろしさ・野蛮さは、
現政権はじめとして男系絶対派が
跋扈する様子によく現れている
—すでにご存じのとおりです。
さて、道場が終了し参加者達が帰っていく時、
涙ぐんでいる一人の女性がおられました。
門弟には登録していないけれど、
もうずっと継続して熱心に参加して
おられるKさんでした。(受付係を長く
やっていたので、参加回数の多い方の
お名前は自然に覚えちゃうのです) 

Kさんはいつも前列の席で、師範方の言葉に
一つ一つ頷きながら聞いておられ、
身を乗り出すように集中しておられるのが
後ろからでも見て取れるのでした。
大阪道場にも参加しておられました。

その方が泣く姿にどうかなさったか;;と
気になってちょっと声をかけました。
すると、この日の道場の内容に感動したこと、
また天皇陛下はじめ皇室の方々の
置かれている情況を想うと泣けてくる、
現政権はじめ苦しめている者達の
余りの酷さに腹が立って仕方ない、
—と声を詰まらせました。

それから堰を切ったように、この道場に
長く参加している思いを話して下さいました。

「仕事柄、必ず当日に休みが取れる訳では
ないので、門弟にならずにその都度
申し込んでは参加しています。
ありがたいことにたまたま続けて
参加させてもらっています。
大阪でも九州でも、どこで開かれても
私は行きたいです。だってこういう議論が
できる場所ってどこを探しても無い、
ここしか無いんですよ。こんな大切な
そして面白い場所が他にありますか?。—-」
・・・(話し終える頃には眼鏡にまた
滴が付いて曇っていました;)

例えばKさんのような熱心な読者の方々も、
多くこの道場に集っておられるのだと思います。

大阪で開けばそこなら行けるという人々が、
九州で開催して頂きたいと願う読者達が
行動を起こせば、準備段階も含めて
そこに集う。—(今回の場外乱闘でも
九州の設営に協力するぞ、という表明が
新たに何人かからありました。)

また遠路関西、九州、東北、・・から
はるばる東京道場に参加される
読者達もおられます。

開始より6年余り。公論が語られる場所
「ゴー宣道場」に気づく人が増え
参加意欲も旺盛になる、
—道場の意味がますます
大きくなっていることを感じます。


陛下のご意向を叶えて
差し上げることができるか、
ゴー宣道場最大の正念場が
やってきています。

この熱意、この誠意が、
天皇陛下のお気持ちを平気で踏みにじる
不埒な者どもに負けることなど
決してないという思いを強くします。

トッキー

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ