ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.10.14 01:00

選挙の為に領土を売り渡すのか?

解散風が吹いている。

来年1月に又もや衆議院の解散とか。

国民は誰もそんなの求めていない。

衆議院の任期は4年。

この前の選挙が平成26年12月だから、
任期切れはまだまだ先のこと。

選挙にうつつを抜かすより、じっくり皇室典範の改正に
集中すべき年ではないのか。

だが、安倍首相の思惑は違う。

12月15日に地元山口でロシアのプーチン大統領と首脳会談。

そこで北方領土問題を「前進」させる。

それを成果に、1月の通常国会冒頭の解散。

総選挙で圧勝を狙う。

それによって、念願の“超”長期政権を我が物にしたいようだ。

そこで要注意なのが北方領土問題への取り組み。

成果を急ぐ為、「二島“先行”返還」という名目で事実上、
北方領土の面積にして93%にあたる択捉・国後両島を放棄する
結果に。

ロシア側はそれで日本からの大規模な経済協力を得られるなら、
こんな安い買い物はない。

安倍首相としても、4島のうち2島(実は面積7%だけ)を
取り戻した歴史的な“成果”を大々的に、
選挙の宣伝に使える
(実態はこれ又“負ければ解決”方式なのに)

国益の観点からは、領土を売って自らの選挙に利用する、
売国行為以外の何ものでもない。

しかし、敢えてそれをやろうと目論んでいるようだ。

もし本当に解散に踏み切ったら、
国民を騙すなんてチョロイと
踏んでいる証拠。

どこまで国民を馬鹿にするのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ