ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2016.10.25 14:41

今日の「語る」コーナー

今朝の読売新聞 「語る 生前退位」 のコーナーは
ノンフィクション作家の保坂正康さんでした。

天皇陛下の思いを真摯に受け止められています。

「近代日本の天皇制は明治憲法と旧皇室典範の
二つがセットになって生まれた。
新しい憲法が戦後に作られ、本来なら新しい皇室典範も
作られるべきだったが、旧典範がほぼそのまま引き継がれた。
この矛盾に気づき、苦しんでこられたのは、天皇陛下お一人だ。
私たちは市民的権利を得て自由があるが、天皇にはない。
今回、陛下自らが声を上げられた。
我々はその声を謙虚に聞くべきだろう」

御意!

摂政を置くという意見についても、
大正天皇がご病気で、昭和天皇が摂政になった際の
内に秘めたつらい思いを例を挙げ、
「制度があるから摂政を置けばいいと割り切れる問題ではない」と喝破。

御意!

実際の退位の手続きについては、
「陛下のご意思を尊重し、退位を認めるべき」としながら、
「法的整合性や歴史的検証も踏まえたうえで、
総合的に検討しなければならない」と述べている。

で、どうするかというと、
「まず暫定的な措置として特例法で陛下の生前退位を認める。
その後、現行憲法にふさわしい新しい皇室典範を考えるという
2段階で対応すべきだ」
としている。

ええーーーなんで????
ここでは言及されていないが、皇室典範の改正には時間がかかる、
という認識がおありなのだろう。

時間はかかりません!
しかも特例法で退位を認めることになれば、
皇室典範の形骸化につながっていく可能性もある。
今上陛下がこれによって退位されれば、国民は「あー良かったね」と
安心し、関心が薄れていくかもしれない。
陛下が退位してひと安心、ではないのだ。
皇太子がいなくなる。
現在の典範では秋篠宮さまは皇太弟になれない。
内親王が結婚して民間に下れば、皇室が維持できなくなる・・・。
いまその危機が迫っているのです。
だからこそ、真正面から皇室典範の改正に取り組まなくてはなりません。

あと、生前退位の実現については、
「80歳の定年制を導入してもいい」とのお考え。
定年制というのは・・・うーん、どうなんだろう。
私には判断がつきません。

高森先生、教えてください!
(最後は丸投げですみません)

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ