ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.10.29 01:00

高橋和之氏に要注意

天皇陛下のご譲位に向けた有識者会議のヒアリング対象に
東京大学
名誉教授の高橋和之氏がいる。

「誰?この人は」と思った人もいるかも知れない。

だが彼こそ、宮澤俊義ー芦部信喜と受け継がれた「戦後憲法学」
の“正統”
の継承者。

その考え方は以下の通り。

「天皇が…役割を果たすために、天皇の側(がわ)で何らかの行為を
する必要があるわけではない。
天皇の存在それ自体が、象徴としての役割を果たすのである」

憲法が儀礼的な事実行為をも国事行為の中に取り込んでいる
ことから考えると、国事行為以外の公的行為を禁止する趣旨と
解すべきであろう」

国事行為以外の公的行為を…認めない立場も有力である。
この説が最も妥当なものといえよう」
(『憲法1〔第4版〕』)

要は、国事行為以外のご公務を一切、否定する立場。

東大法学部を卒業したキャリア官僚達が、
最も影響を受けた憲法解釈だ。

実は今回、私が書いた幻冬舎新書では、高橋氏への批判に
ページを割いている。

別に、ヒアリング対象になると予測した訳ではないが。

同氏には注意と警戒を要する。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ