ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.10.31 05:50日々の出来事

河西秀哉氏は真っ当な論者です


笹さんが皇室論について定点観測をブログに綴ってくれて

大変ありがたい。

 

河西秀哉氏は数少ない真っ当な論者だと思います。

笹さんが紹介してくれた意見を読む限りでは、全部同意

ですね。

 

「制度化」というのは皇室典範を改正して、「譲位」の

条件などを書き込むことです。

わしも「譲位」は今後も必要になると思いますから、

河西氏の提言には賛成です。

 

譲位をすると二重権力になるなどと馬鹿なことを言う

奴がいますが呆れてしまいます。

昔は上皇が武士を操って、天皇と対立するようなことも

ありましたが、今はそもそも天皇には「権力」がないと、

憲法に書かれています。

権力者は選挙で選ばれる者だけです。

 

民主党が上皇を奉じて、天皇陛下を奉じる自民党を、

武力で倒すようなことが出来ますか?

二重権力の恐れがあるから譲位を認めないなんて、

頭がイカレてますね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ