ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2016.11.2 01:00

三笠宮殿下の占領下のご発言

去る10月27日、昭和天皇の弟宮に当たられる
三笠宮崇仁親王殿下が亡くなられた。

満百歳。

謹んで深悼申し上げる。

亡き殿下をお偲び申し上げる縁(よすが)として、
ここに昭和21年6月8日のご発言の一部を謹んで掲げる。

当日、枢密院で憲法改正草案(「日本国憲法」案)の議決が行われた。

その場に望まれた三笠宮殿下は、次のように発言されている。

皇室典範については、現在その改正には皇族会議(成年男子皇族に
よって組織され、内大臣・枢密院議長・宮内大臣・
司法大臣・大審院長
が参列。天皇がお出ましになり、
又は皇族から議長を指名される
ー引用者)の諮詢(しじゅん、
参考として問い求めること)を経ること
になっているが、
この草案では、典範は皇族と関係なしに議会で
定められることになつている。

皇室のことを一番よく知つている皇族が関与しないのは遺憾である

法律的には別として現実的にはタツチできるようでありたい。…

(佐藤達夫著・佐藤功補訂『日本国憲法成立史』第3巻)

8月8日の天皇陛下のお言葉さえ眉をひそめる
「保守」
系知識人は、このご発言をどう受け止めるのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ