ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.4 03:53日々の出来事

欅坂46の少女たちに罪はない


欅坂46がナチスに似た軍服を着ていたので世界的に問題に

なっている。

すでに秋元康や関係者が謝罪したらしい。

当然だろう。無知すぎる。

 

わしはホロコーストやナチスドイツのユダヤ人虐殺に関する

映画などはよく見ている。

ハンナ・アーレントの「悪の凡庸さ」の議論も知っている。

ホロコーストはあったと信じているし、人種差別に基づく

虐殺など、人類への罪だと思っている。

 

ただ一点、今回の欅坂46のメンバーには何の責任もない。

イスラエル大使館が「欅座46」のメンバーに「ホロコースト

に関する特別セミナーに招待したい」と圧力をかけている

ことには不愉快な気持ちになる。

 

こういう問題意識はあくまでも本人の「自由意思」で興味を

持つべきもので、団体からの圧力で勉強させられるのがいい

とは思わない。

責任は商業主義に走って、非常識をやった大人にあるので、

大人が勉強すればいい。

 

少女たちにまで責任を負わせるのは納得できない。

わしが運営に携わる者なら、少女たちに謝って、少女たちが

余計なトラウマを持たないように守るだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ