ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2016.11.13 02:48日々の出来事

トランプが知識人の劣化を炙り出している


「時事放談」と「関口宏のサンデーモーニング」を見てたら、

言ってることが無茶苦茶でくらくらしてきた。

 

浜矩子氏はグローバリズムを肯定し、格差拡大を批判し、

トランプを徹底批判し、保護主義を批判する。

だったら浜矩子氏はヒラリーを支持していたのですか?

ヒラリーと安倍晋三で、現状維持の日米関係が好ましい、

TPPも締結した方が素晴らしいという意見なのか?

主張の自己矛盾が酷すぎて、話にならない。

 

浜氏のアベノミクス批判はいいと思ってたが、株主資本主義は

グローバリズムそのものなんだから、自由貿易体制を批判しな

ければ仕方がないだろう。

だったら、トランプの品性はとりあえず黙認するしかない。

しょせんアメリカの品性下劣の象徴なんだから。

 

「サンデーモーニング」の論者は目も当てられない酷さで、

トランプをポピュリズムと批判している。

有名人をバカスカ投入して、マスコミの応援を受けてる方が

ポピュリズムだろう。

トランプ勝利はむしろポピュリズムの敗北と言うべきである。

 

酷いね。日本の知識人の劣化は底なしだね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ